川崎市武蔵新城駅近くの眼科|だんのうえ眼科クリニック

English page Chinese page Vietnamese page
  • 044-777-7700
  • インターネット診療予約
English page Chinese page Vietnamese page

予防・検診・眼ドック
Medical Care

  • HOME
  • 予防・検診・眼ドック

子どもの視力の発達について

3歳児検診

生まれたばかりの赤ちゃんはぼんやりと見える程度の視力です。
視力は生後3か月で0.02~0.03、6か月で0.04~0.08、1歳で 0.2前後に発達します。その後どんどん発達し、3歳半を過ぎると0.7~1.0。
5歳で83%が1.0に達するといわれています。

弱視とは?

この視力が発達する時期に屈折異常(主に遠視・乱視)や斜視、先天白内障や眼瞼下垂などがあると視力が眼鏡をかけても0.9以下と十分に育たない『弱視』となります。

視力に関する機能は1歳半をピークに8~9歳位までで発達が止まってしまうため弱視治療には早期発見・早期治療が大切です。
弱視の治療には主に眼鏡を用いてピントが合った状態にすることで視力の発達を助けます。弱視の種類によっては眼鏡装用に併せて視力の良いほうの目をかくして 視力の出にくい方の眼を強制的に使わせる『遮閉法』を用いる事もあります。


弱視の種類

斜視 弱視
(しゃしじゃくし)
片方の目の視線がずれている(斜視)ために、視力が発達しないのです。
不同視弱視
(ふどうしじゃくし)
片方の目が強い遠視や乱視のため、弱視になることです。日常生活で不便さを感じにくいため、気がつかないことがよくあります。
3歳児健診で見つからず、就学時健診で初めてわかることもあり、早期治療ができずに視力の発達が止まってしまうケースもあります。
屈折異常弱視
(くっせついじょうじゃくし)
両目が強い遠視や乱視であるためにおこる弱視です。
視性刺激遮断弱視
(しせいしげきしゃだんじゃくし)
何かで光が遮られ、視力の発達が止まってしまう弱視です。原因として、まぶたがいつも下がっていて黒目(瞳孔)を覆っている眼瞼下 垂(がんけんかすい)、生まれたときから水晶体が濁っている先天性白内障などがあり、早く発見し手術することが大切です。

3歳児検診の意義

弱視治療で大切なことは早く治療して早く治療を始めることです。視力の発達期間を過ぎてから治療を始めても視力は発達しません。生後初めて視力を測る機会である『3歳児検診』は弱視の早期発見にとても重要です。

だんのうえ眼科では随時3歳児検診を受け付けております。また3歳に満たなくてもなにか気になる症状があれば早めに受診されることをお勧めします。

「眼ドック」で健康な眼を維持しませんか

眼ドックとは

自覚症状があらわれにくい病気を発見できます。緑内障、白内障、糖尿病網膜症などは自覚症状に乏しく、自覚した時にはかなり症状が進んでしまっていることも珍しくありません。緑内障や糖尿病網膜症などの眼疾患は、一度視機能が落ちてしまうと治療を行っても回復が困難なため、早期発見、早期に治療を開始することがとても大切です。 眼ドックでは緑内障、白内障、糖尿病網膜症のみならず、加齢黄斑変性症、結膜炎、眼瞼下垂、円錐角膜、ドライアイなどの眼疾患も早期に発見することが可能です。 40歳を過ぎると緑内障、白内障、加齢黄斑変性症等の眼疾患の発症率が高くなる傾向にあります。 自覚症状がなくとも年に一度の定期検査を受けることをお勧めします。



眼ドック スタンダード

検査項目

1.屈折曲率検査 近視・遠視・乱視の度数と角膜のカーブを測定します。
2.非接触眼圧検査 眼の硬さを調べます。
3.視力検査 裸眼、お持ちの眼鏡での視力と、近くの視力、遠くの視力を測定します。
4.角膜内皮細胞検査* 角膜の細胞の数を検査します。
5.コントラストグレアテスター* 色の明暗をどの程度見分けられるか検査します。
6.眼球・角膜収差検査* 目の中で光がどのように進むか調べます。
7.前眼部形状解析検査* 角膜、隅角、虹彩などの断層面の観察や、立体構造を数値的に解析します。
8.視野検査* 見える範囲と感度を調べます。
9.三次元眼底像撮影 眼の神経や眼底の断面図を撮影します。
10.精密眼底検査 眼底疾患(加齢黄斑変性、緑内障など)の有無を詳しく調べます。
11.細隙灯顕微鏡検査 緑内障、白内障、ドライアイ、結膜炎、眼の表面の傷の有無を調べます。
12.涙液検査(BUT、シルマー) 涙の量と質を測定します。
13.眼軸長検査 眼球の長さを測定します。
14.生体染色検査 眼を染色し、傷がないかを調べます。
15.眼位 眼の位置を調べます。
16.眼球運動・輻湊 眼の動きを調べます。
17.立体視 立体感覚があるか調べます。
18.眼瞼下垂相談 年齢とともに垂れ下がった瞼についての相談を承ります。
19.アンチエイジング相談* 目の周りのシミやお顔のシミ、お肌のハリについてのご相談を承ります。

*の付いている検査は、眼ドックスタンダードにのみ含まれます。


眼ドックスタンダードで発見できる疾患

白内障、緑内障、ドライアイ、加齢黄斑変性、糖尿病系疾患、結膜炎、眼瞼下垂、網膜色素変性、円錐角膜、近視性病変、網膜剥離など


眼ドックスタンダードの料金と検査時間

料金 15,000円+税
時間 約120分

※眼ドックは自由診療となります。
※眼ドックは予約制となります。
※瞳孔を開く目薬を使いますので、当日はお車や自転車でのご来院をお控えください。






眼ドック ライト

検査項目

1.屈折曲率検査 近視・遠視・乱視の度数と角膜のカーブを測定します。
2.非接触眼圧検査 眼の硬さを調べます。
3.視力検査 裸眼、お持ちの眼鏡での視力と、近くの視力、遠くの視力を測定します。
4.三次元眼底像撮影 眼の神経や眼底の断面図を撮影します。
5.精密眼底検査 眼底疾患(加齢黄斑変性、緑内障など)の有無を詳しく調べます。
6.細隙灯顕微鏡検査 緑内障、白内障、ドライアイ、結膜炎、眼の表面の傷の有無を調べます。
7.涙液検査(BUT、シルマー) 涙の量を測定ます。
8.眼軸長検査 眼球の長さを測定します。
9.生体染色検査 眼を染色し、傷がないかを調べます。
10.眼位 眼の位置を調べます。
11.眼球運動・輻湊 眼の動きを調べます。
12.立体視 立体感覚があるか調べます。
13.眼瞼下垂相談 年齢とともに垂れ下がった瞼についての相談を承ります。


眼ドックライトで発見できる疾患

白内障、緑内障、ドライアイ、加齢黄斑変性、糖尿病系疾患、結膜炎、眼瞼下垂、円錐角膜など


眼ドックライトの料金と検査時間

料金7,500円+税
時間約90分

※眼ドックは自由診療となります。
※眼ドックは予約制となります。
※瞳孔を開く目薬を使いますので、当日はお車や自転車でのご来院をお控えください。


インフォメーション

所在地
神奈川県川崎市中原区上小田中3-23-34
メディ中原ビル3F
最寄駅
JR南武線 武蔵新城駅/徒歩約3分

受付時間

                     
9:00-12:30
14:30-17:30

●:診療 ○:土曜日午前は13:00まで受付 ―:土曜日午後は休診
休診日:日曜、祝日

だんのうえ眼科クリニック
ご予約はこちら

  • 0447777700 0447777700
  • だんのうえ眼科クリニック本院インターネット予約
  • だんのうえ眼科 新城駅前院のご案内
    眼の痒みや違和感等、武蔵新城駅南口すぐの
    だんのうえ眼科 新城駅前院でも受診いただけます。
    比較的少ない待ち時間でご案内可能です。
    電話予約:044-750-0333

GROUP

  • 東京ドクターズ だんのうえ眼科クリニック 檀之上和彦 理事長