川崎市武蔵新城駅近くの眼科|だんのうえ眼科クリニック

English page Chinese page
  • 044-777-7700
  • インターネット診療予約
English page Chinese page

お知らせ
news

眼瞼下垂症における乱視の特徴と術前後の乱視の変化

【研究課題名】
眼瞼下垂症における乱視の特徴と術前後の乱視の変化

だんのうえ眼科クリニック研究責任者
檀之上 和彦

【研究対象および方法】
この研究は、医療法人社団栄和会倫理委員会の承認を得て実施するものです。
眼瞼下垂証では眼瞼が下がることにより顔貌が悪くなる整容的的な問題なくいろいろな面に影響を及ぼします。上方視野が狭窄することの代償としてあごを挙げて見るくせがつき姿勢が悪くなることが多く、また、肩、背中の筋肉の緊張によって頭痛、肩こりなどさまざまな疲労症状がでることもあります。そのため眼瞼下垂手術をすることで外見が若返ることだけでなく、身体症状の改善によりその表情が明るくなることも多くあります。
本研究では高齢者に頻度の高い眼瞼下垂における乱視の検討を行い、眼瞼下垂手術における術後の患者の満足度を上げ津ものに寄与すると考えられます。
対象者:2019年1月~2019年12月までにだんのうえ眼科クリニックにて眼瞼下垂術を受けた後天性眼瞼下垂症を対象とし、60歳以上、眼内手術の既往歴がなく、コンタクトレンズの装用がない後天性眼瞼下垂症群と、59歳以下で長いハードコンタクトレンズの装用期間があるコンタクトレンズ関連眼瞼下垂症(CLP)の患者様の診察録(カルテ)から抽出したデータを解析します。
【個人情報について】
研究に利用する情報は、患者様のお名前、住所など、個人を特定できる個人情報は削除して管理します。また、今回研究で得られた成果を、医学的な専門雑誌等で報告することがありますが、個人を特定できるような情報を利用することはありません。

本研究に関してご質問のある方、診療情報等を研究に利用することを承諾されない方は、下記までご連絡ください。その場合でも、患者様に不利益になることはありません。

【連絡先および担当者】
だんのうえ眼科クリニック研究責任者
檀之上 和彦
電話 044-777-7700

ご予約はこちら

  • 0447777700 0447777700
  • 0447777700

GROUP